著作物の組織内利用

  • 著作物を複製する行為は業務遂行を目的とするものが殆どであり、原則、私的使用(著作権が制限される範囲)に該当することはないと考えられます。
  • 利用対象(図、文書など)が著作物に該当するかどうかの見極めが必要です
  • 著作物を利用する場合は、利用が認められる範囲の確認が必要です。

事案例