著作権窓口設立にあたり

 これまでにクライアント様からご相談いただいた内容を、できるだけ一般的な形でまとめたものです。現在直面されている問題解決の一助となりましたら幸いです。
 なお、現実の事案を法律に当てはめて考える作業は難しく、法律的な専門知識が必要となります。少しでも疑問に思われることがありましたら、まずはご相談下さい。

本ページの説明

 著作権法では、著作者に承諾を得る必要のある場合と承諾を得なくてもよい場合が、行為毎に規定されています。
 当ページでは、著作権法で規定されている各行為を、著作物を利用する側と提供する側の、それぞれの立場で、具体的事案毎にあてはめて解説いたします。