審査官面接

特許出願した後、特許庁において特許性の審査が行われます。その結果、審査官が特許性無しと判断すると、拒絶理由通知書という通知が送られてきます。それに対して反論意見を述べることができます。一般的には、意見書という書面を提出して反論しますが、審査官と直接会って、発明について説明したりすることができます。審査官と直接会うことにより、審査官の意見や発明に対する理解が明確になり、的外れな反論意見や説明を避けることができます。審査官面接は、複雑な発明の際には、特に有効なのではないかと思います。